おーすとれいりあ・・・

みなさん、今日はちょっとグローバルに物事を考えてみませんか?

と言うわけで、突然ですが今日の話題はオーストラリアです。

エアーズロックとかもありますけど、ふくぱぱ的にはオーストラリアと言えばやっぱりその個性的な動物たちなんです。





で、Wikipedia先生にオーストラリアの動植物について教えていただきました。

コアラカンガルー、ポッサムなどの有袋類やカモノハシ、ハリモグラなどの単孔類、エミュー、ディンゴに代表されるように、地理的隔離と気候の多様性が生んだその生態系は非常に個性的である。大陸の大半は砂漠とステップ(半乾燥帯)で占められる不毛の地であるが、それでも尚、高山植物から熱帯雨林まで様々な植物の自生地帯が存在する。
多くの固有の生物を守るために、厳しい検疫を行っている。」(出典:Wikipedia)

うんうん、ちょっとおさらいすると
c0113109_22494299.jpg

c0113109_22494991.jpg
ですよね、やっぱりオーストラリアと言えばね。

そう、オーストラリアには有袋類が多いですよね。
このほかにもウォンバット(↓)とか有名ですよね。
c0113109_2258313.jpg
ずんぐりむっくりな体型がふくぱぱ的には好みなんですが・・・。

まあ、オーストラリアの動物たちは独自の進化を遂げているわけです。

でも、Wikipedia先生は重大なミスをしています。
個性的な動物はオーストラリア本土にばかりいるわけではないんです!

オーストラリアは本土とタスマニア島などの島から構成されているわけですから。
c0113109_2253413.jpg


そう、タスマニア島で有袋類といえば、カレを忘れちゃダメですよね。
c0113109_22524442.jpg
ブハハハハッ(大爆笑)
絶対笑い死にさせる気マンマンです。
くちびる部分のタプタプが袋みたいなもんなので有袋類と言っても過言ではないかもしれないけど。


※よいこのための正しくはこちら
c0113109_22533927.jpg
うん、改めてみてもやっぱり似てるんじゃないかな(笑)

とにかくオーストラリアで検索をかけてウチのブログにたどり着いた人がこのネタで激怒しないことを願わずにはいられない今日この頃(汗)
[PR]

by Fbull_hukuchan | 2007-11-09 23:09 | 日常