どんなに疲れていても

どんなに疲れていても、

たとえそこが日陰であったとしても

そこで休んではいけません。

c0113109_10102243.jpeg

日陰に同化して轢かれるよ。

[PR]

by Fbull_hukuchan | 2016-04-26 09:52 | 日常 | Comments(0)